困り感から深い学びへ(2)追究意欲を持続させるには

社会科や総合的な学習の時間に、学習問題を立てて、課題について追究する問題解決型の学習を進めるとき、教師が出過ぎたり、教えることが多すぎては、児童の主体性を育てられない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。