困り感から深い学びへ(3)ベテラン教師に発問を学ぶ

指導案作成のときは、教師の発問に児童がどんな反応をするか検討し、あらゆる対応策を吟味するものである。だが、授業は生きもので、想定外の反応が出てくる。そのときベテラン教師は、瞬時に適切に対応する。それは、教材分析をする中で、指導案には反映されなくても予想される児童の反応を幅広く考えているからである。そして、長年の経験で、瞬時に教材の構造に結び付けるのが可能だからである。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。