困り感から深い学びへ(6) 子供の必要感が対話を深める

社会科の教材は、児童の発達段階に応じて、具体から抽象へと変化していかなければならない。小3の「商店」の学習では、近くの商店やスーパーマーケットの見学を通して展開できるが、小5の「自動車工業」では、グラフや表などの統計資料、写真やビデオ、関係図やインタビュー資料など、具体から抽象への対応が求められる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。