いじめ撲滅 子どもたちの問題解決力を育てる(2)多くのリスクを抱える「いじめ指導」

教育界は深刻化するいじめ問題に対し、「どのような社会にあっても、いじめは許されない、いじめる側が悪いという明快な一事を毅然とした態度で行きわたらせる必要がある」(文科省「いじめ問題に関する基本的認識」)と厳格な指導を打ち出している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。