いじめ撲滅 子どもたちの問題解決力を育てる(4)子どもは子どもの専門家

いじめ指導には、いじめを起こさないための「いじめ防止・抑止の指導」、いじめを発見したときの「通知・報告するための指導」(告発した者を守るなども含む)、いじめの関係者に対する「和解と反省のための指導」、いじめを再発させないための「再発防止のための指導」がある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。