いじめ撲滅 子どもたちの問題解決力を育てる(5)子ども裁判の開廷

アンケートの相談に対し、子ども裁判員は2人1組で詳しい調査を行う。調査内容は、「いつ、どこで、だれに、どんなことをされたのか」「そのときの気持ち、今の気持ち」「なぜそんなことをされたのか分かるか」「どうしてほしいのか」などだ。「あなたの代わりに裁判員が動いていいか」の委任確認も取る。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。