いじめ撲滅 子どもたちの問題解決力を育てる(6)子ども裁判での担任の役割

「反省の評議」では、約束を守らなかった子に反省を求める。反省内容は、▽美化コース=校内美化ボランティア▽チルドレン・コース=保育園・幼稚園の園児のお世話▽ヒヤリング・コース=PTA会長や校長先生との会話▽スタディ・コース=課題図書と感想文――から、生徒自身が選択する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。