「授業再現ノート」で深い学び(3)「授業観」の共有

「授業再現ノート」に至る経緯は、「学級文化」そのものである。「再現」にふさわしい授業を創るには、考えることを常とする生活行動や、知識や物事に対する価値観の共有が基盤としてあることが大切だ。また、こうした授業を通して学びの基盤を形成していくともいえる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。