みんなで「教える難しさ」に立ち向かう―22年の事実と実例に基づいて― (2)「教えていかなければ…」、その思いがスタート

前回、「教える難しさ」をめぐる3つの困難に触れました。それぞれの困難を乗り越える方法についてこれから述べていきますが、最初に指摘しておきたいのは、教員にも保護者にも「教えていかなければならない」という、強い気持ちがあるかどうかです。その思いがあるなら、3つの困難に対して知恵を絞り、工夫を凝らすことができます。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。