「授業再現ノート」で深い学び(4)思考の可視化「黒板」

授業計画を板書でイメージすることを日常としている。問題を中央に書き、思考スキル「結びつける」で、子供が挙げるであろう既習(内容と方法)を整理し、「問1」をいくつか予想する。問いに対する子供の追究と、そこから得られるまとめと、同時に生まれる「問2」を想定する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。