みんなで「教える難しさ」に立ち向かう―22年の事実と実例に基づいて―(3) 適切で効果的な指導法を共有する

前回、特別支援学級の児童を巡る一つ目のエピソードを紹介しました。もう一つは「自閉スペクトラム障害」と診断を受けていた、通常学級に在籍する小学1年生の男子の話です。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。