「授業再現ノート」で深い学び(5)思考の可視化「グループボード」

他者との協働で学びを創る「共創」は、全員参加で「分からない」「本当か?」「なぜ?」を繰り返した先に手に入るものだ。そうでなければ「文化」とは言えないし、深まりのない単線的な知識に留まる。個々がそれぞれ持ち得ている可能性を引き出し、鍛える過程を保障した先にあるものだと考える。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。