みんなで「教える難しさ」に立ち向かう―22年の事実と実例に基づいて―(5) 応じる姿勢は「はい」という返事から

私たちの教室では、あいさつと返事を大事にしています。入室の時に「行ってまいります」「よろしくお願いいたします」と保護者、指導者の双方に目を合わせて言うように指導します。あいさつは社会生活の基本であるとともに、コミュニケーションの始まりだからです。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。