多文化共生教育の最前線 [横浜市立飯田北いちょう小学校の実践から](4)国際教室の役割と取り組み

国際教室としての職員の加配は、横浜市独自に定められており、本校には4人の教諭が加配されている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。