みんなで「教える難しさ」に立ち向かう―22年の事実と実例に基づいて―(8) 「1対多」は「1対1」から

子供が不適切な言動を取らず、落ち着いて先生の方を向き話を聞く、そんな授業を可能にするには、教える側の役割が大きいと言えます。観察力と事前の対応の2点がポイントです。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。