学校資料に役立つデザイン 押さえたい三カ条! (3)レイアウトの三カ条

第3回は、紙面のレイアウトについて押さえておきたい三カ条を紹介します。ここでいうレイアウトとは、「内容を整理整頓して配置する」こと。分かりやすい資料は、1つ1つの項目のまとまりが見た目で「パッと分かる」ようになっています。そのために、①余白を取る②揃える③グループ化する――の三カ条を守らなくてはなりません。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。