現代リベラルアーツ教育論~熱き心とクールな頭脳を育てる(5)奇想天外的な視点こそ強み

社会を「人が会う社」と考えると、各構成員の強みと弱みを補完し合うような場所であるべきだ。それはある意味、「全ての卵を一つのバスケットに入れてはいけない」という、投資の大原則と一致する。投資では、必ず「分散」させるのが王道だ。人間関係に当てはめると、闘争心が強いリーダーには、あえて争いに慎重な補佐や取り巻きに補完・補助させるのが得策なのだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。