学びから創るコミュニティ (4)学校教育と地域教育

地域の高校が人材流出機能を担ってしまっているのではないか、という議論がある。もちろん、そういう面もあるだろう。偏差値の高い大学に何人入学させたかが高校や教委の評価につながることが影響しているのかもしれない。だとすれば、それは地域の評価でもある。地域が「この地域で活躍できる人材を育てたか」ということを評価するようになれば、高校の教員の意識も少しずつ変わるかもしれない。連動して小・中学校の教員の意識も変わるかもしれない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。