未来カルテで見つめる2040年の日本(2)未来カルテの使い方

未来カルテには、将来の人口予測・年齢構造予測を前提として、現状の各種比率などを固定して、就業構造、保育、教育、医療、介護などの需要と供給のギャップなどを予測した情報などが掲載されている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。