小学校「外国語」の課題を考える(2)狙いは口頭コミュニケーション力

2011年度から小学校で「外国語活動」を始めた狙いは何か。「外国語を通じてコミュニケーション力の素地を養う」ためだ。外国語そのものの習得が目的ではない。具体的には、英語を用いて(1)「誰とでも積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度(資質)」の育成(2)コミュニケーション力の源泉である「思考・判断・表現」の諸能力の素地を養う――ためである。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。