未来カルテで見つめる2040年の日本(4)2040年の視点で市政考える未来ワークショップ

未来カルテは気付きのための手段である。未来カルテによって示された今後の社会の傾向を政策によって変えることができれば、未来も変えられる。そのために、各種研修プログラムなどでの活用を期待している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。