まなびじま奥尻 ―離島の町立高校の挑戦―(4) 「全島を学びの場」の実現に向け

8つの課題を克服し、さらに高校を魅力的にして、価値向上を図る――を大義に、「奥尻島をまるごと学校にして、地域を担う人材を育成し、高い進路希望も実現できる最先端の教育の実践」に着手した。町立移管直後の2016年4月、「まなびじま奥尻プロジェクト」と称して、全教職員にコンセプトを示した。具体的な行動指針として7つの取り組みを提示した。第1回で触れた町の課題の解決策である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。