小学校「外国語」の課題を考える(3)教科の見方・考え方を重視した授業づくり

授業づくりは、学習指導要領の目標と内容に沿うべきだ。文科省の公的資料では、外国語教育は「外国語によるコミュニケーションにおける見方・考え方」を働かせて、「外国語を用いてコミュニケーションを図る資質・能力を育成すること」を目標とする。その「見方・考え方」とはどのようなものか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。