まなびじま奥尻 ―離島の町立高校の挑戦―(5)町おこしワークショップの成果


「町おこしワークショップ」の講師の選定に当たっては、奥尻町教委の宮崎修一郎社会教育係長にハブとなってもらった。進路指導部で希望した講師リストに基づき、宮崎係長は町内の講師を全て手配してくれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。