未来カルテで見つめる2040年の日本(6)未来ワークショップの進め方① ― アイスブレーキング

初対面の人もいる参加型ワークショップでは、最初に、参加者が打ち解けて話せるようにする必要がある。これをアイスブレーキングという。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。