小学校「外国語」の課題を考える(5)コミュニケーションに関する教師の指導力

「外国語活動」および「外国語」の目標は、外国語による「コミュニケーション力(資質・能力)」の素地および基礎の育成である。この目標を誤ると言語の聴き取りおよび語句や文型に慣れ親しむだけの授業になりがちだ。言語が聴き取れるようになり、語句や文型が定着しても、コミュニケーション(原義:分かち合うこと)を図る資質・能力が培われるわけではない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。