小学校「外国語」の課題を考える(6)ALT活用の意義とその効果

小学校の「外国語活動」「外国語」は、主にオーラル・コミュニケーション力(資質・能力)を養うことを目標とする。口頭で「分かち合うこと」の資質・能力の素地および基礎を育む。英語圏のALTとのTT体制でコミュニケーション活動を行うことが望まれる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。