未来カルテで見つめる2040年の日本(8)未来ワークショップの進め方③

未来カルテの情報などを伝えた後は、政策提言を考えるフェーズに入る。この際、いきなり政策提言を求めるのではなく、段階を踏んで検討を進めていく必要がある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。