学校の働き方改革の実現と職員・専門スタッフへの期待(2)学校の「働き方」の現状と教員の意識

文科省は、2016年度の教員勤務実態調査の集計についての速報値(18年4月)を公表しました。前回の06年度における教員勤務実態調査と比較し、平日と土日ともに、いずれの職種でも勤務時間が増加したことが指摘されました。中教審では、「学校における働き方改革特別部会」を設置し、「学校における働き方改革に係る緊急提言」(17年8月)を行うなど、議論が進められました。文科省は「学校における働き方改革に関する緊急対策について」(17年12月26日)を示しました。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。