新スタートでつまずかない~若手教員に贈るメッセージ~(2)全体の方向性をよい流れにする

学級の荒れが目立ち始めると、ほめる回数が減ってきます。叱る方が増えるためです。毎日叱っているという人もいるかもしれません。叱る声も日に日に大きくなっていきます。大きな声でないと子供が言うことを聞かないからです。表情も怖くなります。叱られた子は気分が不安定になり、さらに荒れます。この悪循環を断ち切らなくてはなりません。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。