学校の働き方改革の実現と職員・専門スタッフへの期待(9)一時的な負担を投資として捉える

今回は、業務改善を「負担」ではなく、「投資」と捉える視点について述べたいと思います。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。