中学校道徳科の授業―道徳的判断力を養う―(7)授業実践④「手品師」

修正:eye-catch_togami東京都品川区品川学園 主任教諭 戸上 琢也





みなさんは、「手品師」という道徳科の教材をご存知だろうか。小学校の先生ならば、この教材を使って授業をした方も多いと思われる。

小学生の時に道徳の授業で考えた教材を、中学生になってもう一度考えたという実践を紹介する。大人も、ある絵本をわが子に読み聞かせたとき、子供の頃には気付かなかった大切なことに改めて気付く場面があるのと同様に、中学生にも小学生の頃には気付かなかった気付きがあるかもしれない。

授業では「手品師」を基に「誠実な生き方」について考えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。