新スタートでつまずかない~若手教員に贈るメッセージ~(7)前と比べ向上した点を伝えよう

修正eye-catch_oomae京都文教大学准教授 大前 曉政





子供は日々成長しています。その成長に子供自身が気付いていないことが多々あるのです。子供は急激に成長することもありますが、多くの場合、少しずつ薄皮をはぐように成長していきます。いつも宿題をやってこなかった子が今回は一部だけやってきたという具合です。いつも過ちを認めない子が、比較的早く「すみませんでした」と言えたケースもあります。

微々たる成長が日々あるのです。その子のことを知らない人から見れば、ほとんど成長していないように思えます。教師こそがこの少しの向上に気付かなくてはなりません。その向上を本人に伝えるのです。

本人も自覚していないような微々たる成長を「前よりもここがよくなったよ」と、明確に伝えるのです。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。