学校の働き方改革の実現と職員・専門スタッフへの期待(10)チーム学校の構築と業務改善の推進を

eye-catch_1024-768_katou_finR茨城大学教職大学院准教授 加藤 崇英





「チーム学校」答申の重要なポイントの一つとして、教職員の「専門性に基づくチーム体制の構築」が示されています。この「専門性」が重要な視点です。

「働き方改革」に沿って述べると、専門性の観点から教員の業務を「教師が担う業務としての授業・指導」「教師の業務だが負担軽減が可能な業務」「学校の業務だが必ずしも教師が担う必要のない業務」「基本的には学校以外が担うべき業務」に選別し、そこに職員・スタッフを位置付けていく考え方が示されています(文科省「学校における働き方改革に関する緊急対策の策定並びに学校における業務改善及び勤務時間管理等に係る取組の徹底について」通知 2018・2・9)。

こうした考えの下、学校がすぐにでも業務改善を進められるかといえば、なかなか難しいのではないかと考えます。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。