新スタートでつまずかない~若手教員に贈るメッセージ~(8)子供のモデルになろう

修正eye-catch_oomae京都文教大学准教授 大前 曉政

子供は大人の背中を見て育つといわれます。低学年の子供ほど、教師から大きな影響を受けます。子供は近くの大人の態度や言動を見て、いろいろなことを学んでいるのです。子供は知らず知らず、教師をモデルにして行動するようになります。元気にあいさつする教師の下、元気にあいさつする子供が育つわけです。反対にあいさつもしない教師の下では、あいさつする子供は育ちません。

 どんな教師も子供を成長させたいと願っています。「こんなふうに成長してほしい」「こんな子供に育ってほしい」と願いを持っています。その願いの中身はさまざまです。さまざまな願いが合わさって、教師は「こんな子供に育ってほしい」と考えているわけです。そんな教師が思い描く「理想の子供像」を教師自身が具現化できているかがポイントです。「積極的に発表しなさい」と子供に言ったなら「教師である自分ができているだろうか」と振り返る必要があるのです。「掃除を丁寧にやりなさい」と言ったら、「自分自身も丁寧にやっているだろうか」と考えるのです。

 他にも、「困っている友達や弱い立場の友達がいたら助けなさい」「苦手なことでも粘り強くやり遂げなさい」「自分の意見はしっかりと言いなさい」など、いろいろと子供に言っているはずです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。