「困った子」は「困っている子」(3)子供を包み込む状況を整える

元東京都日野市立小学校長 京極澄子

  発達障害の可能性のある児童生徒は、「学習の仕方」「刺激量」「場が構造的であるかどうか」という状況に左右されやすい特質があります。このため、状況を整え、困ることを減らすことが支援の基本になります。

 実は、つまずきのある子供のために整えた状況は、他の子供にとっても安心して生活できる学校、分かりやすい授業になっています。これは、「障害のある人にとって使いやすい形態を追求していくと、全ての人にとって利便性のあるものが作られていく」というユニバーサルデザインの発想と同じです。

 学級にはさまざまな子供たちが在籍しています。…

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。