世界の教育はいま~各国の教育ICT化から見えるもの(2)英国 小学校から時代に合わせたICT教育

武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部・上松恵理子准教授

英国では1995年、小学校のナショナルカリキュラムに教科「ICT教育」が入った。これは日本でいえば、教科「情報」が必修化されたイメージだ。しかし、2014年にはそれを廃止した。WordやExcelの使い方を一斉授業で教えるだけで、学習者も受動的で、新しい時代のニーズに即していないからだった。

それに代わり、新教科「Computing」がスタートした。デジタルリテラシー、コンピューターサイエンス、インフォメーションテクノロジーの三つがバランスよく入った内容になっている。

以前、日本の中高一貫校に当たるTownley Grammar校を訪問し、高校2、3年生のプログラミングの授業を中心に見学した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。