「困った子」は「困っている子」(5)学級環境を整える①

元東京都日野市立小学校長 京極澄子


学級を落ち着いた居心地のよい安心できる場所にするために五つの視点で環境を整えました。これは、「状況理解の悪さ」「見通しのなさへの不安」「関心のムラ」「不注意・多動」「二次障害」などの困難さにつながる子供の特性に対応したものです。学級環境を整えることは授業への参加を支える基盤といえます。

(1)場の構造化

教室では、迷わせたり、イライラさせたり、トラブルになったりしないように、見れば分かるようにします。清掃用具、提出物、ボールやごみ箱、子供の持ち物など全ての物の置き場を決めて整頓します。

(2)刺激量の調整

耳や目から入る情報に敏感な子は刺激量が多いと、疲れて集中を切らします。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。