LibrariEの可能性~電子図書館を活用した学校教育の未来(3)アクティブ・ラーニングと学校図書館司書

立命館大学教授 湯浅俊彦

日本体育大学柏高校が電子図書館サービス「LibrariE」を導入した事例を調査して、何よりも驚いたのは、リアル図書館である「メディアセンター」より、電子図書館である「Nittaidai Kashiwa Digital Library」の方が貸出冊数や貸出人数が上回ったことでした。

沖田綾子司書から提供された、2018年4~5月の2カ月間の利用統計では、メディアセンターの貸出回数が146回(教員47回、生徒99回)であるのに対して、電子図書館の貸出回数は539回(教員14回、生徒525回)となり、電子図書館がリアル図書館の3倍以上の資料貸出が行っていました。

貸出人数はメディアセンターの35人(教員9人、生徒26人)に対して、電子図書館は200人(教員6人、生徒194人)と、電子図書館を使う利用者がリアル図書館の6倍近くも多い結果となりました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。