世界の教育はいま~各国の教育ICT化から見えるもの(4)オーストラリア 段階踏み着実にICT化を実現

武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部・上松恵理子准教授

クイーンズランド州の学校ではICT教育が日常的に行われており、既に小学校段階からロボティクス教育やプログラミング教育が導入されている所もある。全国の小学校で子供たちが使用するパソコンは一人一台で、自分のパソコンを学校に持ち込んで使用するBYOD(Bring your own device)方式の学校が多い。

同州のICT化のプロセスを見ると、BYODに一気にシフトしたわけではない。まず、15年以上前からネットにつながれたパソコンを教室や廊下に常備配置し、自由に使わせることから始めた。

その後、パソコン教室の設置とICT支援員を配置する一方で、ICT教育教員研修やデジタル教材のプラットフォームを整備した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。