LibrariEの可能性~電子図書館を活用した学校教育の未来(4)人々の情報行動の変化と学校教育

立命館大学教授 湯浅俊彦

日本体育大学柏高校が電子図書館サービス「LibrariE」を導入した事例から、学校図書館司書が積極的にアクティブ・ラーニングを支援の意義が見えてきましたが、ここで重要なのは、学校教育と社会における人々の情報行動の変化をどのように位置付けるかということです。

結論から言えば、学校は社会におけるさまざまな変化とは別に、まるでタイムカプセルのように時代を超越して存在しているわけではなく、社会の動向と密接につながり、とりわけ今日ではICTスキルを学ぶ場でもあるということです。

2017年11月、横浜市内で開かれた図書館界最大のイベント「図書館総合展2017」において、筆者がコーディネーターとなり、フォーラム「LibrariE(ライブラリエ)がつくるこれからの電子図書館―学校図書館、大学図書館、公共図書館 現場からのレポート」が開催されました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。