「困った子」は「困っている子」(9)授業で重視したい焦点化と展開の構造化

元東京都日野市立小学校長 京極澄子

「焦点化」は目標や活動の範囲を絞り、思考が深まるようにすることです。教師は、多くのことを教えなければと考えて、子供が消化できないほどの内容を詰め込んでしまうことが多く、その結果、子供が何を学んだか自覚できないことになります。

狙いの設定は、単元の指導計画の位置付けを明確にし、子供に授業終了時にどうなっていればよいかのゴールを分からせることが基本です。

かつて拝見した中学校の授業は日露戦争を学ぶ内容でした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。