世界の教育はいま~各国の教育ICT化から見えるもの(9)エストニア 電子政府への移行と国民総ICT化

武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部・上松恵理子准教授

エストニアはバルト三国の一国で、電子政府やSkype発祥の地などとして有名だ。電子政府に切り替えたことで、公的手続きの多くはネット上で行われ、人件費が大幅に削減された。ICT化で紙を使った非効率な作業が減り、働き方改革にも貢献したそうだ。

電子政府への移行を円滑にするため一番重要だったのは、国民がパソコンを使うことへのハードルを低くすることだった。そこで20年前からIT教育を推進してきた。現在、小学1年生からプログラミング教育が必修化され、全ての教科でパソコンを使うことにした。一方でお年寄りには、電話1本で役所の職員が家庭まで教えに行くという。

これらの手間を差し引いても、電子政府にした方が財政面で大幅な削減ができる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。