LibrariEの可能性~電子図書館を活用した学校教育の未来(9)電子図書館サービス導入校から学ぶ

立命館大学教授 湯浅俊彦

日本の学校図書館における電子図書館サービスの現況について、「LibrariE」を導入している日本体育大学柏高校、関西創価中・高校、芝浦工業大学附属中高校の事例を挙げて、検証してきました。これらの取り組みから学ぶことは次の3点です。

第一に、最も重要なのは、学校としてICTを教育に積極的に活用しようという意欲があること。その上で、電子図書館サービスを導入する意義を明確にし、それを校内で共有していることです。第二に、同じ電子図書館サービスを導入していても利用方法はそれぞれ特色がある点。共通するのは図書館司書と教師が連携し、授業や課外学習に役立つ利用方法をそれぞれの学校に合った方法で考えること。第三は、従来の図書・雑誌を単に電子化するだけではなく、生徒がいつでもどこでも利用できる新たな情報資源として電子書籍を捉え、生徒が主体的に学習するツールとして活用していることです。

ここで強調したいのは、学校での図書館司書の役割が変化していることです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。