世界の教育は いま 各国の教育ICT化から見えるもの(10)フィンランド 未来投資としての教育改革

武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部・上松恵理子准教授

フィンランドでは、プログラミング教育が2016年に必修化され、小学1年生から実施されている。今では、ほとんどの学校で教科書はデジタル端末で見ることができる。

15年に訪問したMaunulan Yhtei校は、数学と体育に特に力を入れている高校だった。数学の授業の中にプログラミング教育があり、新1年生から卒業試験を含む全ての試験がCBT(注1)で行われるようになるため、全ての教科でパソコンを使用していた。この学校は自分のパソコンを持参するBYOD方式をとっており、1人1台のタブレット端末が使われていた。教材は机上のタブレット端末でもプロジェクターでも確認できる。生徒が自らウェブ上の教科書を見たり宿題にアクセスして確認したりしていた。

教員は校務情報システムWILMAで生徒の出欠や成績、学習態度を入力する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。