世界の教室から 北欧の教育最前線(3)スウェーデンの高校進学(下)

職業系学科の挑戦

高校選択には「九つの神話」があるという。今回とりあげる後半六つは、職業系学科に関する人々の考え方を映し出している。




■成績で進路を決める?

④ 中学校での成績を、職業教育で無駄にするな

スウェーデンには高校入試はないが、入学には一定以上の中学校の成績が必要である。スウェーデン語、英語、数学での合格、そしてこの3教科を含んで、中学校で学ぶ約20の教科の内、大学準備系学科に入るには計12教科、職業系学科は計8教科での合格が求められる。入学に必要な教科数の違いを見れば、合格教科数が多いなら大学準備系学科に行こうと考えるかもしれない。それに注意を促しているのである。入学要件に関わらず、学習したことは役に立つ。
⑤ 職業系学科に行くと、大学進学条件を満たせない

大学進学について明確に決めておらず、進学の可能性は残しておきたいと思う中学生は多い。スウェーデンでは大学入試もなく、高校の成績で入学が決まる。大学進学のためには、高校で一定の科目を履修・修得しなければならない。

以前は、どの学科も必修科目のみで大学進学要件を満たしたが、2011年に職業系学科と大学準備系学科に区分されて以降、職業系学科では必修科目だけでは大学進学要件を満たさなくなった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。