部活動の在り方を問い直す2 (6)伝統文化を指導する際の課題


 学校の正課外活動の指導者の在り方に関しては、主に運動部の問題として取り上げられてきたように見受けられる。

 スポーツ庁の2016年度「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」によれば、全国の中学校で、男子8割、女子6割が運動部に参加しているのに対し、文化部は男子の1割、女子の3割にとどまっている現状がある。この差が問題の発生や一般からの注目度合いに関係していると推察できる。

 「文化部指導者の在り方に関する問題」の本質的な恐ろしさが、実はここに潜んでいる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。