部活動の在り方を問い直す2 (8)OBとOGボランティアの活躍

大ヒット漫画「ちはやふる」とその映画化をきっかけに、中高校の競技かるたの競技人口が爆発的に増加した。かつて、大学生が主体だった選手層も、今は中高生がかなりの割合を占めている。

神奈川県の高校総合文化祭のかるた大会の参加者は、2009年度が34人だったのに対し、17年度は255人と7.5倍になった。クラブの新設も相次ぐ。日本一を決める高校選手権の県予選への参加校も、09年度が5校だったのに対し、今年度は過去最多の28校に増えた。

一方で、県の高文連かるた専門部に携わる教員は、中心になっていた教員の退職が相次ぎ、減少傾向にある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。