子供の眠りが危ない 睡眠負債を知ろう(2)日本の子供の睡眠時間短く

雨晴クリニック副医院長 睡眠専門医 坪田 聡

最近50年間で、日本の大人の睡眠時間は約1時間も短くなった。子供の睡眠時間も大人と同様に年々短くなっている。文科省のデータによると、小学生の睡眠時間は1970年に9時間23分だったが、2000年には8時間43分になり、30年間で40分も短くなった。

海外の子供たちと比較しても、日本の子供たちの睡眠時間はとても短くなっている。16カ国の0~3歳児の睡眠時間を見ると、日本は約11時間50分で最も短く、最長のニュージーランドと比べて1時間40分も短い。

欧米とアジア10カ国の中学生の睡眠時間の比較では、日本は7~7時間半だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。