子供の読む力・言葉の力が伸びる! 文章を丸ごととらえるフレームリーディング(4)説明文をとらえる~中学年編

筑波大学附属小学校教諭 青木 伸生

 ◆事例の数え方

全ての説明文は、「数える」と「選ぶ」で授業をすることができる。それがフレームリーディングの手法である。数えるものは、教材研究で決めるしかないし、それが一つと限らない。さまざまな角度で多様な読み解きができるから、読む授業は楽しいのだ。

ただ、数えるとき、「いくつ」と「何種類」は、明確に区別して問い掛けることが重要である。
◆「大豆」は何種類?

3年生の説明文に「すがたを変える大豆」という文章がある。大豆がさまざまに姿を変えて食されているという内容だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。